トップページ > 獣医師の仕事

獣医師の仕事

獣医師の仕事

公衆衛生

食品衛生

食品衛生監視員として、食品関係営業施設の営業許可等やこれらの施設の監視指導を行い、広く食品衛生思想を普及啓発し、食中毒の防止に万全を期すとともに、食品中の農薬残留検査等を行い、消費者が毎日、口にする食品の安全を確保しています。

環境衛生

環境衛生監視員として、衛生的な生活環境を確保するため、理容・美容・クリーニング・旅館業・公衆浴場・興行場施設(生活衛生関係営業施設)の営業許可等やこれらの施設の監視指導に加え、建築物について衛生的環境の確保のため、監視指導を行っています。

動物愛護

動物愛護管理員として、動物取扱業の営業許可等や監視指導を行い、広く動物愛護思想を普及啓発し、人と動物が共生したよりよい社会の実現をめざしています。

狂犬病予防

狂犬病予防員として、狂犬病が発生した場合の発生の拡大とまん延防止のため、飼い主の責務として飼い犬の登録と狂犬病予防注射の確実な実施について、普及啓発や狂犬病予防注射を行っています。

食肉衛生検査

と畜検査員として、食肉に起因する衛生危害発生の防止のため、牛、豚等を1頭ごとに検査し、消費者が毎日、口にする食肉の安全を確保しています。

  • 施設外観
  • 精密検査01
  • 精密検査02
  • 精密検査03
  • 枝肉検査

家畜衛生

 これまで日本においても、口蹄疫やBSE、鳥インフルエンザといった家畜伝染病が発生しました。しかし、それらは速やかに制圧され、国内での蔓延には至っていません。これらの病気の防疫対策の中心にあるのが、全国の自治体に設置されている家畜保健衛生所の家畜防疫員をはじめとする獣医師です。
 具体的には、家畜保健衛生所では家畜伝染病予防法という法律に基づき、定期的な家畜の検査を実施しています。高病原性鳥インフルエンザやBSEに関する検査は家畜保健衛生所で実施しています。
 また家畜保健衛生所は、牛の乳房炎や繁殖障害など伝染病以外の病気についても検査を行い、原因を調査、その結果に基づき生産者の衛生指導も行っています。
 一方、家畜の一般的な病気は、主に診療施設の獣医師が治療を行っています。診療施設は農業共済組合のような組織的なものから個人経営まで、また、牛、豚、鶏、馬など対象とする畜種も様々です。
 このように家畜衛生分野の獣医師は、安全かつ安心な畜産物の生産、公正な競馬などに重要な役割を果たしています。

動物病院

開業部会 紹介

 近年、私たちと一緒に暮らす犬、猫、小鳥、ウサギなどの小動物はコンパニオンアニマル(伴侶動物)と呼ばれ、大切な家族の一員となっています。内閣府の調査において、動物を飼う理由として60%以上の人が「生活に潤いや安らぎが生まれる」と答えています。このように動物たちは、私たち人間の健康と精神衛生に大きな役割を果たしています。開業部会会員は、これら動物の「健康と福祉」を担い、日々活動しています。
 開業部会は、獣医学術・獣医療技術の発展・向上、公衆衛生の向上、動物の愛護・福祉、そして動物介在教育の推進に寄与することを目的にいくつかの事業を行っています。
 その主なものとしては、日進月歩する動物医療において、適切でかつ最新の獣医療をめざし、講習会を主催・開催しています。ここで得られた最新の治療技術を日常の診療に取り入れる努力をしています。
 また、動物介在教育として、「学校飼育動物とのふれあい授業」、「命の授業」などを小学校と協力して実施し、子供たちの心の成長の一助となるよう活動を行っています。
 その他、いまだ世界で多くの死亡者を出している狂犬病の我が国への侵入・蔓延を防止するための狂犬病予防対策事業、傷ついた野生動物を保護治療し自然復帰できるように支援するための傷病野生鳥獣保護活動、動物愛護フェステバルなども含め動物に対する愛護精神を啓発する動物愛護推進事業等、地域猫不妊手術助成事業への協力、石川県防災総合訓練への参加協力など、広く公衆衛生・動物愛護に関する活動を担当しています。
 このように多くの活動を行っていますが、私たちは動物診療を主とする獣医師です。その対象は、家族の一員である動物。家族の笑顔の中心にはいつも動物の笑顔があります。私たち開業獣医師は、その笑顔を守るため日々研鑽し診療を行っていきます。

TOTOP